読書のきろく

読書のきろく

読んだ本の記録。備忘録。ひとことふたことみこと。

407. ヒマワリ高校初恋部!



辻堂ゆめ・著

読了:2020年5月21日

ひとこと:またまた久しぶりとなりました。

私の場合、家にいる時間が多いと、
逆に読書する時間が減るみたいです。

いよいよ、大学の勉強も大詰めです。
9月卒業をめざしてがんばってるので、
しばらくは読書の時間を削ることになるかも。

さて。

お久しぶりの辻堂ゆめさんです。

タイトルを見て思ったことは
初恋部とは何ぞや?でした。

ふむふむなるほどこういうことか~(^^)
うーん、視点が楽しい!

しかも
ところどころ、軽いなぞときがあって
ワクワクしてしまいました。

辻堂ゆめさん、最新刊が出てますね。

早く読みたい!!



406. 淡雪の記憶 ~神酒クリニックで乾杯を~



知念実希人・著

読了:2020年5月9日

ひとこと:神酒クリニックシリーズ第2弾!

ほんとにおもしろい!

何で後回しにしていたんだろうー。
今回も楽しい気持ちで読了。

翼先生が大活躍?でしたね。

ちょっと恋愛要素も増えてきて
これは天久シリーズと同じ、
続編をかなり期待してしまう。。。



405. たおやかに輪をえがいて



窪美澄・著

読了:2020年4月26日

ひとこと:久しぶりの更新です。

出勤日以外は自粛している今日この頃ですが
そういう時こそ、読書です!

と言いながら、
実際はなぜか本を読む時間が減っています。。。

さて。

こちらは窪美澄さんの新刊です。
婦人公論で連載されていましたね。
その頃から気にしていました~

女性の生き方について
いろいろ考えさせられました。

気持ちを切り替え、
見た目も中身もきれいになっていく
絵里子を文字で追ってると
なんだか自分のことのようにウキウキしてた。単純。

最初は好きじゃなかった絵里子に
いつの間にか夢中になっている。。

そんな気持ちにさせる人物描写は、
さすが窪さんだなあ~と思いました。



404. 店長が好きすぎて



早見和真・著

読了:2020年4月20日

ひとこと:早見先生の作品を読むのはこれで2冊目です。

前回の『イノセント・デイズ』
読後かなり気持ちが引きずりましたが、
この作品は、真逆で(笑)
すっきりした読後感でありました(^^)

同じ作家さんとは思えない。

でもいらっしゃいますよね~
「店長」みたいな人。

悪い人じゃあないんだけど、、、
でも少しイラッとする人。

自分の周りにいるある人を思い出してしまったりして(笑)





403. 幸せをつくる整理術「がらくたのない家」



井田典子・著

読了:2020年4月12日

ひとこと:久しぶりに実用書です。

実はたびたび借りてきて読んでいるのですが、
私の場合、実用書は知りたいところだけ読んで
あとはさらっと流す感じが多いので
最近は
ちゃんとすみずみまで読んだものだけ記録しています。

この本はしっかり読みました(^^)

もちもの一覧表!

これがとても気にいってしまい、
なんと!見よう見まねで作ってしまいました(笑)

近い将来の引っ越し?に向けて、
うちのもちものもしっかり把握して片付けたいなと
思っています。



402. むかしむかしあるところに、死体がありました。



青柳碧人・著

読了:2020年4月11日

ひとこと:初読み作家さんです。

職場で読んだ人が「おもしろいよ~」というので
気になって読みました。

本屋大賞にもノミネートされていましたね。

正直「くだらね~」と思いながらも
そのうち、この昔話ワールドに引き込まれ
続きが気になって仕方なくなり。。

結果、必死に読んでいました(笑)



401. 桜の首飾り  



千早茜・著

読了:2020年4月8日

ひとこと:ふと千早さんが読みたくなりました。
今の季節にもぴったり。

桜がテーマの連作短編です。

あとがきにもあるように
「なかなか変な人たち」が多数登場。

変なんだけど、気になってしまう。

そしていつも思う。
千早さんのどろりとした世界が好き。
うまく言えないけど、私には「どろり」と伝わる。